雑  記


8月20日(日)

La Merは夏休みを終えて明日から常設展です。あちらこちらで短時間の豪雨に襲われて、気温が低めでたすかったもののひどい天候の昨今でした。来週の半ばからまた夏らしい天気がもどってくると気象情報が出ています。よかつた !
夏休み中に運んでおいた展示作品を明日飾ります。


8月13日(日)

日本中猛暑だったり局所的豪雨だったり竜巻が発生したりなど大変な夏です。11日の山の日から連休が始まり、高速道路は大渋滞の模様です。
LaMerは夏休みに入りました。この間に次なる常設展の準備をしておきます。


8月5日(土)

“真夏のサムホール展”は、真夏の暑い中賑やかな最終日を迎えて終わりました。遠い関西と中国地方からお二人も来ていただけて恐縮でした。参加してくださった皆様、誠にありがとうございました。まだまだ暑さが続くと思われますので、十分気を付けて過ごしてゆきましょう。
さて来週は常設展に戻ります。いつもそうなように、ゆったりと話しこまれてゆく方が多いと推測します。それもまた佳きことと考えます。


7月30日(日)

昨夜帰宅時間に強い雨に降られました。短い時間に膝から下がびっしょりでした。このごろはほとんど毎日どこかしらで豪雨が降っています。搬入出のある土曜日には降ってほしくないのですが、如何ともしがたく…。
恒例の“真夏のサムホール展”は明日から始まります。西日本から4人の初お目見えの方が参加してくださいます。今年は人数も作品点数も少なめになってしまいましたが、そのぶんじっくりと観ていただけるものと思います。
暑いし雨が降るかもしれませんが、負けずに絵を楽しみにお出かけください。 


7月23日(日)

梅雨が明けました。空梅雨でした。そしてまたしても水不足が深刻です。猛暑日・熱帯夜はこれからどれくらい続くのでしょうか。今年は今までに増して過ごしにくいように感じています。暑さを乗り切れるかどうか不安になります。みなさんはどうですか。
常設展は2週目に入ります。ーざわめきの夏ー、須ケ間さんが土曜日に展示替えをしました。また楽しんでいただけることと思います。


7月16日(日)

まるで梅雨が明け真夏が来たようなこの暑さ、熱中症にはくれぐれも気を付けなければなりません。
暑いさなか、今週は常設展をします。多くは須ケ間加代子さんのハガキ大の絵(額入り)を飾ります。そして田島環さんの、作品をアクリル板て圧着した平面作品も飾ります。ぜひ遊びにいらしてください。きっと楽しめます。


7月8日(土)

北九州では降り続く豪雨により大災害が起きています。雨よ、早く止んでくれと祈るしかありません。それにしてもこのごろの地球環境は、生きとし生けるものにとって快適なものでなくなってきています。この先はどうなるのか、誰しもが不安に思い、折に触れ口にしています。
美術界もどうなってゆくのか心配する人もいます。どうなるかわからない先行きのことを考えてもどうもならないので、足元・目の前を見てゆくしかありません。
La Merの来週は田島環展です。相変わらずの美しい水彩画です。額を取り払ってマットをかぶせたきりでたくさん飾りました。雨で出足が損なわれることのないよう祈っています。


7月2日(日)

ひどい蒸し暑さです。熱中症対策のため水を飲んでますか ? 本格的な暑い夏はまだこれから・・、この夏も何とか乗り切りましょう。
今週は元気印グループの表装展です。ステキな作品が並びました。いつもとは違った雰囲気の部屋になりました。作品は額装するだけでなく、このような飾り方もあるということに気づかされます。


6月25日(日)

カラ梅雨気味だったのが今朝から急に梅雨空になり、しっかり雨が降りました。これから約一か月間、雨を覚悟して過ごすことになるのでしょう。
La Merは松井よしひろ展です。従来の黒はすっかり影を潜め、明るい色彩に様変わりしました。あぁあの松井さんと固定観念を持たずに観に来てください。パッと見、あの松井さんではありません。


6月18日(日)

梅雨どきの前半、このころきまって墨彩画の個展をする須ケ間加代子さん。いままでは鬼の絵ばかりで個展をしてきましたが、今年は違います。多岐にわたる生き物たちです。百聞は一見に如かず。ともかく観にきてください。楽しいです。


5月27日(土)

推察通り松沢まささんの作品は優しく楽しいものでした。作品は、隠そうとしても否応なく作家の人柄をにじませてしまうものと改めて思いました。心穏やかな一週間でした。
さて来週からは3週間常設展です。状況を鑑みながら展示を替えてゆきます。

それから、“真夏のサムホール展”への出品者募集はまだ続けてます。参加のご意志のある方は申し込みをお急ぎください。


5月21日(日)

5月というのに夏の暑さ。7月・8月はどんなことになるのでしょう。予測がつきかねます。なにか安心して生きていかれないような気候の日本列島です。
ともあれLa Merでは松沢まささんの個展を開催します。2度めですが久しぶりの登場です。今回は立体と平面の2本立てです。飾りつけは明日(月)の開廊前にすることになりました。優しげな作品が並ぶことと思います。心和ませにどうぞ観に来ていただけますように。
a


5月14日(日)

春季休廊期間を終えて、明日から川村司展です。土曜日に飾りつけを済ませました。いつものように色の美しいアクリル画です。昨年秋の作品たちとは何が違うのか楽しみに見に来ていただければ幸いです。


4月29日(土)

今日から世間はいわゆるゴールデンウィークに入りました。午前の地下鉄は子供連れの家族でにぎやかでした。
木村夏樹展の最終日でしたが、おかげさまでたくさんのお客様に来ていただけて、賑やかな裡に終了することができました。

La Merも来週から春季休廊とさせていただきます。休み明けは川村司展です。またよろしくおねがいいたします。


4月16日(日)

ここのところずいぶん暖かいです。このまま徐々に季節が進んで初夏を迎えられるといいのですが。また一気に真夏のように気温が上がったり逆に寒さがぶり返したりしないといいのですが。
La Merはウチダミズホさんの個展をします。昨年夏から黒にこだわり始めて、今回も黒を使った作品が出ることと思います。都合で明日午前中の搬入飾りつけとなりました。


4月9日(日)

ようやく少し暖かくなってきたと感じていたのに、今日はまた冷たい雨の日になってしまいました。このごろは着るものにも迷うし肉体も戸惑っているはずです。と言っていてもどうなるものでもないので、きをつけるしかありません。

ところで、La Merでは今年もまた“真夏のサムホール展”を開催することにしました。会期は7月31日(月)〜8月5日(土)です。募集要項を作ってありますので、La Merにお立ち寄りの際お申し出ください。電話にてのお問い合わせでも大丈夫です。 03-5250-8108 でお待ちしております。


4月1日(土)

雨が降ったりやんだりのエイプリルフールでしたが、山崎昭さんの搬入飾りつけ、無事終わりました。
穏やかに春を待つという雰囲気の部屋にしつらえましたとでも形容しましょうか。心和む作品が並びました。
来週は晴れて暖かい日が多そうですので、ぜひ春を見つけにお出かけください。
日差しが明るくなったせいか一般のお客様のご来廊も増えています。


3月26日(日)

お彼岸も過ぎたというのに、まだまだ厚手のコートが必要ですね。
サクラの便りがチラホラ聞こえてきても春はまだ先のようです。
La Merは女子ばかりの三人展が始まります。三人三様の個性が楽しめます。


3月19日 (日)

パソコンが故障してしまい修理からやっと戻ってきました。
ホームページの更新を続けます。


2月26日(日)

自画像展始まります。
真面目に取り組んだ自画像16点、ずらりと並びました。楽しいです。自画像というと「鏡に映った自分の顔を見つめるのが嫌だ」などといって敬遠する人が多いですが、今回の出品者の方たちは、皆楽しんで描いている感があり、観る側に伝わってきます。
ぜひLa Merにおたちよりになり、観てあげてください。


2月5日(日)

奥野ビルの外壁補修工事がすっかり終わり、蔽ってあった網がとりはらわれ、元どおり外光が入ってくるようになりました。
La Merは常設展が2週目に入ります。
小さな家と木立をかたどった立体と、郡司宏さんの塩ビ版ドライポイントの版画等を観ていただけます。
都合により、開廊時間を午後2時からとさせていただいております。


1月28日(土)

今週は天候に恵まれて、つつがなくきむらまい展を終了しました。
さて来週からは4週に渡って常設展を開催します。
日曜日は休廊です。そして都合により、開廊時間を午後2時から7時までとさせていただきます。展示内容は適宜展示替えをしながら推移させてゆくことにします。


1月20日(金)

暦は大寒の今日。暦どおり日本中寒さにふるえました。それでも明日の東京はなんとか晴れそう。来週個展のきむらまいさんの作品搬入日です。
きむらさんは北海道は札幌の在住者。雪の北海道からはるばると作品が届きます。日本画です。今までにも個展・グループ展に参加していただいているので、こちらにお知り合いも多く、皆で楽しみにしています。


1月15日(日)

昨日まで掲載していたスケジュールに変更があり、一週間休廊ということになりました。
次回はきむらまいさんの個展です。
またご案内いたします。


1月8日(日)

新しい年が始まりました。
明日からLa MerではNEW YEAR SHOWが始まります。ことしも富士山を10人で描きました。新春らしく明るく楽しい作品が集まりました。観てくださる方には必ずや楽しんでいただけることと思います。
皆様のお出でをお待ち申し上げます。


12月24日(土)

本日をもちまして2016年の展示を終了いたしました。
この一年みなさまにお世話になりました。ありがとうございました。


12月18日(日)

いよいよ本年最後の展覧会となる「サンタクロースからあなたへ」は明日からです。クリスマスの時季なので、表記のような展覧会名にしたのですが、テーマは自由でと参加を募りました。でもほとんどクリスマスをテーマとした作品となりました。本年最後の展覧会にふさわしい楽しい作品が集まりました。
忙しい時期とは思いますが、気晴らしにでも銀座へお出かけください。街中はクリスマスのデコレーションがきれいです。


12月10日(土)

SMサイズの日本画のグループ展。来週です。大きなサイズは世田谷美術館で発表してきましたが、SMサイズを昨年からLa Merで発表することになりました。皆さん主婦やお勤め人でありながら(あるからこそ ? )とても熱心に描いています。頼もしいです。
これからの美術の行方を案じる人もいますが、彼女たちのように何事も案ずることなく自己表現をしてゆく人たちがいる限りは、美術も安泰かと思えてきます。 


12月4日(日)

紅葉黄葉も散り、裸木が目立つようになりました。いよいよ冬になってきました。La Merの催しものも今年はあと3回を残すのみとなりました。
少し早目ですが、クリスマスがテーマのドールハウスー近田久美さんの個展が今週始まります。ジングルベルは流しませんが十分クリスマスムードいっぱいです。遊び気分でいらしてみてください。


11月20日(日)

今日はもんくなく美しい静かな秋の一日でした。豊かに陽光があふれ、近所のイチョウの葉がまっきいろに光り輝いてました。こんな美しい日は、人の心に静かに生きていこうとする感慨をもたらしてくれるもののようです。


11月13日(日)

今日の昼間は暖かかったです。おとといまでの冬の寒さとは違って秋が戻ってきてました。冬から秋へー。変な陽気です。北日本はもうすっかり冬で、北海道の大雪が報道されてました。
ところで、今週はその北海道は旭川からのご出品です。くりすいくこ切り絵展。昨年に引き続き2度目となります。作品たくさん送ってきました。丁寧な仕事です。そして可愛いです。ぜひその労作を観てあげてください。そして楽しんでください。


11月10日(水)

お知らせです。
来年(2017年)も自画像展します。2月27日〜3月4日です。ご応募ください。
募集要項はLa Merに用意してあります。


11月6日(日)

秋たけなわー。街路樹のプラタナスも黄色く色づいてさやさやと風に揺れ、気分がよさそうです。
こんな美しい時節に川村さんの個展です。昨今は一年に2度の展示を続けています。川村さんは毎日在廊しますので、芸術談義を楽しむのも一興かと思います。


10月30日(日)

秋になったと感じたらすぐに寒さがやってきて、初冬の感じです。やっぱりでした。昨今の季節の急な移ろい方から予測してました。なんか落ち着かないというかそぞろに気忙しいというか、余裕がなくなってしまうようで、困ったものですが、順応してゆくしかありません。いろんな環境の中でも、頑張って創作している人に思いを馳せましょう。
今週はウチダミズホさんのアクリル画の個展です。ミズホさん張り切ってます。みんなでがんばって美術界を活性化してゆくのが望むところです。


10月23日(日)

暑い暑いと言っていた頃は、早く涼しくなってほしいと望んでいたのに、いざ涼しくなってくると、やがて来る寒い冬の到来におびえたり、人の感覚は環境に全く左右され揺れ動くものです。展覧会の催し物も一週間ごとにチャッチャッと入れ替わり、虚しいほどの速さで、グングン歳月が過ぎ去ってしまいます。
いまは四季の中でも一番美しい秋ー。どうせ短い秋ならばせめて、この秋の美しさを十分楽しんで豊かな心で冬を迎えたいものと思います。


10月15日(土)

いよいよ秋ー。食欲の秋・スポーツの秋そして芸術の秋ー。
La Merでは桜井久実さんのドローイング展が始まります。木彫家の桜井久実さんですが、La Merでは2年続けてドローイングを展示しています。今年もまた落ち着いた色調の知的な作品を見せてくれてます。


10月9日(日)

今朝は雨が降り、昼ごろ上がっても気温あがらず、涼しかったです。今朝の雨を機に、いよいよ本格的に秋がやってくるのでしょうか。
秋の到来への期待の中、渡邉絵美里さんの個展をします。渡邉さんはLa Merでは初めての個展です。穏やかな作風は人柄の表れでしょう。水彩の小品が並びました。


10月1日(土)

雨ばかりに気を取られてきましたが、ここのところキンモクセイの香りを感じながら朝バス停へと向かっています。いよいよ大好きな秋です。まだ台風も襲来するらしいですが、大好きな秋はもうすぐです。
来週は千葉梢さんの木版画と水彩画の個展です。作品は小さめですが、モダーンな中にもしっとりとした情感のある作品が並びました。


9月24日(土)

今週もよく降りました。毎日毎日降ってばかりでした。こう降っては出かけたくないと思ってしまうのか、お客様が少なめで、がっかりです。来週こそは、降らない日があってほしいものです。
来週は渡邊裕昭さんのペン画の個展です。見るからに丁寧に描かれた美しいペン画が14点、そしてミニミニサイズのものが10点ほど、展示されました。はっきりしないお天気のもとでもこんな絵を観てスッキリしてください。


9月17日(土)

今日搬入日は雨を免れました。会期中の来週は台風が心配と、来週が会期の比留間友香さんの母上が心を痛めてました。本当に毎週台風や豪雨の心配をしなければならない今日この頃です。
しかし天候ばかりはどうにもならないことなので、せめて被害にあわないように身を守るのが大切です。
比留間友香さんの色えんぴつ画は13点飾られました。期間中作家本人は在廊いたします。ぜひ力作を観てあげてください。


9月13日(水)

よく雨降りますね。週末は、台風16号がまたまた日本列島を襲うらしいです。気をつけて身を守るしかないです。
今進行中の展覧会は三人展のはずでしたが、わけあったらしく二人展となりました。ご了承のうえおいでくださいませ。


9月11日(日)

台風が過ぎ去っても台風一過の晴天は望めない今日この頃、それでも朝晩はほんの少し涼しい風を感じるようになりました。
そんな気候の中今週はまた雨模様との天気情報が伝えられてます。広島の女性による三人展が開催されるので、良いお天気をとねがっていたのですが。
La Merには初お目見えの方たちです。いままで電話と手紙による応対のみだったので、初対面が楽しみです。作品搬入は明日(月)に三人で直接持参するとのことで、開廊前に飾りつけをすることになってます。
遠方からはるばるとご出品いただくので、近郊の方々にはぜひ観てあげてほしいです。


9月4日(日)

日本列島どこもかしこも天候不安定な日々が続き、胸が騒ぎます。
そうした中でも、美を求めてギャラリーを訪ねてきてくださる方がおられるのは、とても嬉しいことです。
La Merは常設展ーわたしの秋ーの2週目ですが、またお客さまとのどんな出会いがあるか楽しみです。


8月27日(土)

台風の吹き降り、局所的豪雨、それに猛暑、なかなか不安定な天候の一週間でした。今日はまた雨降りで高湿度。来週火曜日には強い台風が関東地方に接近、上陸の恐れありとのこと。またしてもです。早く過ぎ去ることを祈り、誰もが無事であることを祈るのみです。


8月22日(月)

台風9号、大きな被害をもたらしました。夏休みを終えて、松井よしひろさんの個展初日だったのでしたが。雨降って地固まるといいますが、台風の時はなんといって縁起を担ぐのでしょうか。これはとても良い兆候なのだと思い込んで松井よしひろ展に臨みたいと思います。
ことしの松井さんは明るい色を努めて使うようにしたようです。いままでとは雰囲気が違ってきましたので、ぜひこれら力作をみてあげてください。


8月14日(日)

お盆、、明日が中日。この時期、東京は人が少なくなります。電車もすいてるし、お店屋にもお客が少ないです。
お盆は個展をしたい人もいないし、開廊してもお客様も来ないしなので、お休みすることにしています。
今週末20日までLa Merは夏休みです。来週からのご来廊よろしくお願いします。少しは涼しくなってくるといいのですが。


8月6日(土)

文字通りの“真夏のサムホール展”、ほんとうにほんとうに暑い日でした。きょうおわりました。
続いては望木洋美さんのアクリル画展です。気分の良い海景がずらりと並びました。こんなにきれいな海の絵に囲まれて一週間を過ごせるなんて、ステキです。


7月30日(土)

長かった梅雨が明けて、正に“真夏のサムホール展”の季節がやってきました。来週月曜日から始まります。今回は19点の出品数で、少なかったですが、一段掛けですっきりとならべました。少なくてもバラエティに富んでいて楽しく、見ごたえ十分です。
梅雨明けの銀座、都知事選も終わって落ち着いたところでぜひお出かけください。


7月23日(土)

今日は久しぶりに雨の心配をしないで過ごすことができました。昨日までの数日というもの毎日ザザッと夕立のように降ってましたもの。梅雨の後半には、ことに梅雨明け近くには雷を伴って強い雨の降ることが多いです。ことしもそろそろ梅雨明けが近いのでしょう。そしていよいよ本格的に暑い夏がやってきます。
開催中の「版画」と「版画 ?」は版画家ではない二人が試みた無謀な企画でしたが、それだけに評価を笑って受け止めることができているのではないかと感じています。まだ来ていただけてない方、気軽に遊びに来てください。あと一週続きます。


7月16日(土)

昨今は奥野ビルに外国人がよく訪れるようになりました。週に5組くらいはくるかな ? いやもっとかな ?
私は外国語はできないので、もっぱら日本語と英語の単語と手振りで対応しています。それで結構通じているようです。言葉は通じなくても作品が物を言っていると思います。結構楽しいです。絵は誰にもわかる音の無い共通言語かもしれません。


7月9日(土)

「版画」と「版画 ?」の一週目が終わりました。おかげさまでゆっくり話してゆかれるお客様が多くきてくださり、楽しい一週間でした。
今日帰りがけに、もっと元気な感じの空間にしたくなり、来週少し展示替えをしてみようと思い至りました。版画作品はまだたくさんあるので、観ていただくよいチャンスとしたいです。


7月3日(日)

梅雨も後半に入りました。ともかく蒸し暑いです。気を張っていても気分悪くなったりします。先週は福をもたらすフクロウに気分的に助けられました。
明日からは版画家ではない二人が「版画 ?」と称した展覧会をします。都合で4週つづきますので、余裕を以ってこの蒸し暑さを乗り切ろうとおもいます。


6月26日(日)

お天気不安定ですね。湿度も高いし。梅雨時だから仕方ないのですけれど。皆で気を使っていきましょう。

今週はふくろう展をします。8人展です。La Merには初出品のひともいます。フクロウは智慧の使者とも呼ばれ、福朗と書かれたり不苦労と書かれたり、大変縁起の良い猛禽類です。近頃はフクロウ喫茶などもあるようで、しばしフクロウと遊ぶこともできるようです。La Merでは冷たいムギ茶を飲みながら目で楽しんでください。


6月18日(土)

今日はいきなりひどい暑さでした。建物を出た途端暑い空気に囲まれて気分が悪くなりました。そして一日中体調の悪さを感じていました。今年の夏は暑いらしいです。気がかりです。
来週のLa Merは須ケ間加代子展の続きをします。梅雨時なので、天候の悪さは仕方のないことと達観してどうぞお出かけください。


6月11日(土)

梅雨に入ってからも東京地方は雨が少なくて、報道されているように水不足が心配です。
ギャラリーとしては搬入搬出日に雨の心配がないのはたすかるし、お客様の出足もよいのでうれしいのですが、水不足で生活に不便が出るようでは大変に困ります。来週は“晴れ女”の須ケ間加代子さんの個展です。さて天候はどうなるのでしょうか。
須ケ間さんは10年「鬼」を描いて個展を続けてきまして、今年は11回目となります。まことに以って力強い鬼が揃いました。雨雲など蹴散らしてしまいそうです。


6月4日(土)

晴天で乾燥した快い日が2、3日続きましたけれど、来週あたりは関東地方も梅雨入りするのでしょうか。寒暖差の大きい傾向の気象状況なので、風邪をひいている人も多いようです。気をつけて過ごしましょう。
La Merは来週も「花けしき」を続けることにしました。部分的に展示替えもします。今週見逃してしまった方はぜひ来週お越しください。


5月28日(土)

12ばかりの自画像でしたが、ぶらりと寄られたお客様にも楽しんでいただくことができ、有意義でした。参加くださったみなさまおつかれさまでした。そしてありがとうございました。来年もやりますので、よろしくお願いいたします。
来週は打って変わって“花”の5人展です。花といえばやはり女性の得意分野であるのか女性ばかりの5人展です。部屋一杯飾りました。数が多いので、一つ一つ楽しみながら会期を過ごすことになりそうです。


5月21日(土)

自画像展の飾りつけを終えて、事後片づけをして、帰ろうと奥野ビルを出ようとしたら、思いがけなく雨が降っていました。降り始めたばかりとみえて、強くホコリのにおいがしてました。搬出荷物を持った川村さんは、まだ家にたどり着いてないと思います。銀座あたりだけが降ったのだったらよいのだけれど。
自画像は、20の顔をズラリと並べたかったのだけれど、12の顔になってしまいました。それでも自画像展は実に楽しいです。個性がくっきりと出ます。半数はニュウフェイスなので興味津々で観に来てください。


5月15日(日)

東京地方は暖かくさわやかな日々が続きました。やっぱりなにをするにも良いお天気の方が気分がいいですよね。あたりまえですけど。
こんなに爽やかな天候のもと、川村司さんがアクリル画の個展をします。年に2度の個展がここ数年続いてますので、お馴染みの方が多いはずです。色のきれいさには定評があります。


5月7日(土)

にわかに「今日は暑いですね」という挨拶をかわすようになりました。そして連休も終わりました。La Merも展示を再開します。
このところ毎年この時期に催されている、横山智子先生指導の銅版画教室のメンバーによるグループ展が始まります。皆さん見事に作風がバラバラで、楽しく、しかも技術もなかなかのものです。以前にも同様のことを書いていたらお許しください。ともかく見ごたえあるグループ展ですので、期待を以って観にきてください。


4月24日(日)

いよいよというかやっとというかとうとうというか本格的に暖かくなってきました。まさかもう寒の戻りはないでしょう。着るものも軽くなり、心も軽くなり、お出かけする人が多くなったのか電車が混んできた感があります。各美術館もいろいろ催しものを企画し、観客集めをしているようです。
La Merは世間の連休に合わせて、展示をお休みすることにしました。外から見て電灯がともっていましたら、神保が中で仕事をしていますので、声をかけていただけたら嬉しいです。


4月17日(日)

またまたの大地震で、熊本が大変なことになってしまいました。日本列島はこれからどうなってしまうのか、地球はどうなってゆくのか。気がかりではあります。
La Merの今週はウチダミズホさんのアクリル画の個展です。今回で3回目となります。こだわっていた縦型の画面から脱却し、たくさんの色をつかうようにもなり、よりきれいな絵へと変化してきました。その変化を見てあげてください。


4月9日(土)

東京のサクラ散ってしまいました。
少し時期が遅れてしまった感がありますが、来週“春の譜”と題して春っぽい絵を集めた展示をします。今日はだいぶ暖かかったらしく、半袖Tシャツの人がいたと、誰かがいってました。また急に暑くなるのでしょうか。急というのは困りますね。用心深くいきましょう。


4月5日(火)

このところ欧米人がかなり訪ねてきます。日本のお花見を楽しんで、ついでにギャラリーを観てゆくといったところなのでしょうか。欧米人は抽象画が好みらしくてじっと見入っていたりします。たまに質問も出ます。
ところで、今年の夏も例年通り“真夏のサムホール展”を開催します。会期は8月1日〜6日に決まりました。参加ご希望の方は、募集要項と出品申込書をお渡しいたしますので、La Merにお寄りくださいませ。


4月2日(土)

サクラ開き満開となった今日、お花見にもゆかず、田島環さんの個展作品の搬入飾りつけを行ないました。相変わらずの美しい透明水彩の抽象画です。頑張ってたくさん創作しました。24,5点飾って残りはストックしました。なんだかはっきりしない天候の続くこのごろです。せめて美しい絵を鑑賞して心を温めましょう。


3月27日(日)

暖かくなることを何週に渡って期待したことでしょうか。その都度裏切られてきましたが、今週こそ裏切られずに済みそうです。
今週のLa Merは飯野美穂さんの個展です。油絵と版画、それにドローイングもまじえて14点飾りました。前回の具象の油絵のみの時とは異なって、とても自由で柔らかな表現になりました。
たくさんの方に観ていただきたいと思います。


3月19日(土)

午後から強い雨との天気情報が外れて、夕方からすっかり晴れ上がりました。助かりました。5人の人の搬入があったからです。
一年ぶりのFLASH ! が月曜日から始まります。今回は6人展となりましたので、12点ゆったりと飾ることになりました。なかなか佳い空間になったと感じています どうぞ6人の力作を楽しみに観に来てあげてください。


3月12日(土)

せっかく少し暖かくなったと感じていましたのに、この3日ばかりまたまた真冬のように寒くなってしまいました。奥野ビルもお客様が少なくてしーんとしていました。
来週半ばからこそ暖かいらしいです。期待します。


3月6日(日)

松井よしひろさんの陶器に描きこんだ絵がおもしろいと好評です。2週目にはいります。少し暖かくなりましたので、ぜひ銀座へお出かけください。


2月27日(土)

冬の寒さのまま来週は3月です。さすがにいくらか暖かくなるらしいです。よかった !
展示はお馴染みの、松井よしひろさんの陶器です。なんともいえない味わいの陶器です。即売いたしますので、楽しみにお出かけください。


2月20日(土)

搬入日の今日、とうとう雨になってしまいました。今までは天気情報がよい方に外れて雨を免れてきましたが。。。それでも、皆さん用心して早目に搬入してださり、飾りつけもスムーズにすすみ、恐れていた強風の吹かないうちに帰ることができました。
昨年までは自我像展だったものを、今年からは“風に吹かれてー私の一点”と展覧会名を更改してのグループ展です。ひとりひとりの自由な表現を観てください。それぞれ楽しんで描いてくださったので、観る方にも楽しさが伝わってきます。


2月15日(月)

“FLASH ! ”に続いては“自画像展”の出品者募集に入ります。
会期は5月23日(月)〜5月28(土)です。
募集要項を作りましたので、あす以降ギャラリーに設置します。申し込み順に20名まで受け付けいたします。


2月14日(日)

La Merの今週の展示は、先週に引き続き常設展「霧の川」です。
おしらせですが、募集してまいりました“FLASH ! ”への応募は、昨日13日をもちまして締め切らせていただきました。すぐにDMの制作に取り掛かります。


2月8日(日)

暖かく明けた新年が突如として寒くなり、そのまま2月に続きました。東京地方は寒いといっても今までのところ雪にはならず、平年通りに生活できてます。今後どうなってゆくのか予測がつきませんが、一日一日無事に過ごしてゆくしかありません。
La Meは常設展をします。季節がら川霧や雪を扱ったものなど飾ります。


1月31日(日)

“雪”との天気情報が出ていて、搬入搬出に差し支えはしまいかと心配してしまった昨日。降ることもなくホッとしました。しかし寒かったですが。
無事に飾りつけも終えました。大きいもの小さいもの取り混ぜてたくさん飾りました。全き室橋絵里さんの世界が現出しました。見過ごすのはもったいないです。ゆったりと時間をかけて読み解いていただきたい作品です。


1月24日(日)

好評裡に終わったNEW YEAR SHOWー富士山展でした。「楽しくみごたえあったので、また来年もやってほしい」とお客様からリクエストをいただきました。ありがたいことです。
さて次は、明日から表装展が始まります。数名集って賑やかに表装の指導を受けていると聞き及んだので、どんな具合か見せてもらいたくて、展覧会をお願いしました。きっと賑々しい一週間になることとおもいます。楽しみです。


1月16日(土)

NEW YEAR SHOW ー富士山ー が2週目に入ります。なかなか好評で、楽しい展覧会です。まだ観てくださってない方、どうぞ足をお運びください。真冬の寒さがやってきてしまいましたが、La Merで富士山展をみれば心温まること請け合います。


1月10日(日)

さていよいよ明日から今年初めての展示が始まります。NEW YEAR SHOW と銘打ったグループ展で、富士山をテーマとしています。昨日皆で集まって飾りつけしました。とても良い作品が集まりました。必ずや見応えあるものと思います。ぜひ皆様、初春の銀座へお出かけくださり、La Merにお寄りください。お待ち申し上げます。


1月5日(水)

今の時期、本年の予定を立てておりますが、公募する企画展の会期を決めましたので、記載します。
   FLASH !  3月21日〜3月26日   
   自画像展  5月23日〜5月28日  
   真夏のサムホール展  8月1日〜8月6日
FLASH ! につきましては、募集要項ができておりますので、お申し出くださればお渡しできます。電話でのお問い合わせにもお応えできます。(03-5250-8108)
その他は、これから順次詳細を決めてゆきます。
人生の悦びである描くことに遠慮はいりません。ジャンジャン描いてどんどん発表しましょう。


2016年元旦

年が改まりました。おめでとうございます。ことしもよろしくお願いいたします。

静かな朝です。キリッとした青空ではありませんでしたが、風もなく穏やかで暖かな日和です。この一年もこんなふうに穏やかに推移してくれることを願います。
La Merの展示は11日(月)からです。初春を祝って「富士山」をテーマにしました。どんな富士山が現れるか楽しみです。ぜひ大勢の皆様においでいただきたく、お待ち申し上げます。


12月27日(日)

昨日12月26日La voix de lapis の終了を以って本年の展示をすべて終了いたしました。
あとは、恒例の壁塗り替えと少しばかりの事務処理をして、本年の業務をすべて終えます。
この一年、ありがとうございました。


12月19日(土)

さていよいよ今年最終の週を迎えます。
サムホール大に描いた日本画のグループ展です。一人2点ずつ10人で、20点の展示となります。額をつけてないので、横一にすっきりと並びました。多くが落ち着いた色調で、日本画ならではなのかなと思わせられました。
ここへきて銀座はたくさんの人で賑やかです。クリスマスのフレゼントを買いにでもきているのでしょうか。薄暗くなると中央通りはツリーの並木が美しいです。皆様ぜひ銀座へお出かけください。


12月13日(日)

いよいよ今年もあと2週間の展示を残すのみとなりました。そのひとつの今週は星川しげ子さんの個展です。
とてもきれいでかわいい作品が雲やバラの花に彩られて飾られました。観る人を幸せにしてくれる作品たちです。いつもお客様が多いので今年も賑やかに楽しく過ごせそうと、期待しているところです。


12月6日(日)

毎年この時期を迎えると、一年なんてあっという間に過ぎるという感じを覚えますね。いよいよ師走です。早いものです。せめてあとひと月弱を充実させていきましょう。
今週は古川勝紀さんと古川葉子さんの絵画と陶芸の二人展です。La Merの小さな空間に置台をしつらえて陶芸作品を並べましたので、部屋が小さくなった感じです。たくさんの作品です。画廊は爆買いの人びととは関係なく落ち着いていますので、どうぞゆっくり作品を観に来てください。


11月28日(土)

この2,3日、急に冬の寒さとなりました。それでも暖房したりしなかったりで済んでいます。これは東京のことで、北海道ともなれば、とっくのムカシに寒さがやってきて、暖房の日々のはずです。
なぜ突然北海道かと言えば、来週の展示が旭川在住のくりすいくこさんだからです。
くりすさんは今年のNEW YEAR SHOWに出品して以来2どめの登場です。とてもきれいな作品が宅急便で送られてきました。奥のアクリル絵の手前に切り絵がほどこしてあり、立体的になっています。北海道に咲く花は本当に色鮮やかなのだそうで、くりすさんの描く花もそのせいできれいなんじゃないかと何方かが言っていました。
絵を言葉で表すのはとてもできないことなので、どうか実際に観に来てください。


11月21日(土)

今年の近田久美さんの「Petit Noel」は、11月になりました。クリスマスを前倒ししましたが、それでよいのです。銀座はジングルベルこそ流れていませんが、11月に入ったらすぐツリーやリースが飾られ、電飾が華やかなのですから。
それにしても暖かい秋です。東京都心は紅葉がまだ始まったばかりで、これからが紅葉シーズンです。ホワイトクリスマスならぬ、赤いクリスマスとなりそうです。


11月14日(土)

かなりの雨の降る中、桜井久実さんの作品の搬入飾りつけをしました。
桜井さんは彫刻家ですが、今回のLaMerの個展はドローイングでやります。以前にもドローイング展をしましたが、だいぶ異なった雰囲気です。桜井さんの中のまた違った面を観ることができて、その枯渇することの無い造形感覚を頼もしく感じます。


11月8日(日)

久しぶりにしっとりと雨が降っています。秋に静かに降る雨は心を落ち着かせてくれます。
トントンと個展の続くLa Merの今週は、アケンさんのイラスト展です。アケンとはアーティスト名で日本人女性です。昨年の“真夏のサムホール展”に出品されて以来2度目のお目見えです。イラストレーターはなんでも描くことができなければいけないとのことで、出品作品にもテーマ性は希薄です。観て楽しんでいただく個展です。


11月1日(日)

ますます秋もたけなわ。11月に入りました。文化の日の入る今週は、川村司さんの個展です。色彩の美しいアクリルの抽象画です。年に2回の個展をするのが通例となっています。
自然界の紅葉も美しいけれど、ヒトの創りあげた色彩にも観るべきものがあります。


10月24日(日)

芸術の秋も本番。LaMerは個展が続きます。明日からは岡田浩子さんの個展の一週間です。
作品は、金属板にタンポポの種を一粒づつ植え付けたものと、ガラスケースにやはりタンポポの綿毛をつめこんだもの、ガラス片を集めて形作りローソクの明かりで照らすようにしたもの等の展示です。こう説明したとてとても想像しがたいと思います。ぜひ実際に観てください。驚きに値するはずです。


10月17日(土)

秋本番。北の国から高地から紅葉の情報が届いてきます。
過ごしやすい日々の続くであろう来週は、大阪は池田市からご出品の舩本和美さんの個展です。旅行先で取材してきた風景画です。力強い表現なので、DMを観た人が男性の作品かと見まがうことが多かったです。その達者な表現をぜひ観てほしいです。


10月11日(日)

今日は朝から雨。しっとりと静かに降っていました。いつもこんなに静かな降り方だったらよいのになァと思いました。
明日からはしばらく秋晴れの日が続きそうなので安心しています。そしてLa Merでは5人展が始まります。5人がそれぞれアクリル画・ペン画・テラコッタ・陶の器・染色と、別々のジャンルの作品を発表します。楽しいので、遊ぶつもりで来てください。


10月4日(日)

日中の気温は高めながら朝晩は涼しくなり、いよいよ秋の気配が感じられるようになりました。しばらくは秋らしくお天気が安定してくれると嬉しいのですが。
明日からは作品も秋にふさわしく、しっとりと日本画の個展です。本多里美「箔で描く」と題されていますが、箔で描くとは果たしてどんなものか想像できますか ?  日本画を勉強なさった方は別として。この期間中に本多さんにいろいろ尋ねてみたいと思っています。


9月26日(土)

来週個展の瀧田さんは、静岡市からの出品です。
えのぐを噴きつける技法のため、制作は庭でするとのことです。ことしは追い込み時期に雨が多く、思い通りに制作が進まず、悔しい思いをしたとのことです。成果を皆さんで観てあげてください。


9月20日(日)

雨や雷、突風などに脅かされてきた夏の終わりの日々でしたが、この2、3日は初秋を感じるようになりました。爽やかでした。しばらくこんな日が続いてくれたらいいなと思います。
今週は鳥飼規世さんの水彩画展です。モチーフは身辺に普通にある果物等です。とても丁寧にきれいに描かれています。こんな絵を美しい季節の中で観ていたいと思います。


9月12日(土)

昨日今日は久しぶりに晴れて気分良く、搬出も搬入も順調に済みました。
来週は木村法子さんの絵画の個展です。昨年に続いて2度目となります。押しなべて白を多用しているため、すっきりと部屋が整いました。猛暑の日々はもう来ませんので、どうか絵を楽しみにお出かけくださいませ。


9月5日(土)

不安定なお天気ばかり続く今日このごろです。きょうは曇り時々晴れといったところでしたが、蒸し暑くて、じとじと汗が出て不快でした。なんだかこのごろは天候ばかり気にして仕事に臨んでいるような気がします。
来週も前半はどうやら雨もようですが、元気を出して仕事しましょう。渡邉義郎さんの今年2度目の個展が始まります。先の初個展の時には、0号等小さな作品ばかりでしたが、今回は大きなサイズも並びました。何やら金属的なマチエールのものがあって、聞いたらミクストメディアの作品でした。ちょっと不可思議な感じです。どうか皆さん、不可思議さをご自分の目で、確かめにおいで下さい。


8月29日(土)

2年ぶりに小杉和美さんのコラージュ作品の個展を来週やります。今週はモノクロたったので、またひときわ色彩が華やかに感じられます。
またしても来週前半は雨模様で、気が晴れませんが、小杉作品を観て気を晴らしてください。


8月23日(日)

厳しい残暑ですね。また台風15号が日本列島を窺っているようです。こんなに自然界が厳しいと少なからず不安を覚えないわけにはいきませんが、ともかくがんばらないとなりません。
今週も渡邊裕昭展です。暑さのせいかお客様は少な目でしたが、昨日までに観てくださった方には大変好評でした。今週もきっと喜んでいただけるものと思います。


8月16日(日)

La Merは夏休みを終わり、明日から渡邊裕昭(ゆうしょう)展が始まります。休み中の12日(水)に搬入飾りつけを済ませました。
着色の無いペン画なので白い壁に映えています。こんな暑い時期、無彩色も涼しげで良いものです。
期待に反して立秋を過ぎても涼しくならず、残念ではありますが、冷房を効かせておきますので、涼みがてらお出かけください。お出かけを期待しております。


8月9日(日)

連日の猛暑日が、昨日からほんの少し気温が下がり、とはいえ30度を上回ってはいるのですが、それでも身体がほっとしているのを感じています。
La Merは今週一週間夏休みをいただきます。一区切りとなるので、昨日閉廊後に壁の汚れたところを刷毛でペンキ塗りしました。夏休み後気分よく展示を再開したいと思います。


8月1日(土)

ひどい暑さが続いてます。中でも今日あたりこの夏一番の暑い日だったのではないでしょうか。午後4時ごろ、搬出日で出展者が集まってくる頃でしたが、少し気分が悪くなり、あわててうちわで身体を扇ぎました。あぷなかっです。
まだまだ暑さが続きます。熱中症には特に気をつけたいものです。


7月26日(日)

いやぁー暑いですねー。この暑さは台風12号がもたらしたものだそうです。あす以降もまだまだ暑いらしいです。皆で熱中症に気をつけましょう。
こんなに暑い時期に、正に“真夏のサムホール展”が明日から始まります。土曜日に出品者の皆で飾りつけしました。ことしは11人が23点を飾ります。それぞれのテーマでサイズだけをそろえました。額縁をつけたりつけなかったりも自由です。それぞれの自由な表現を多くの方に観ていただきたいです。
暑いのでお出かけになるのも大変ですが、ぜひ気をつけてどうぞ。


7月18日(土)

来週もLa Merは今週に引き続く画廊企画展です。猛暑だったり大雨だったりして出かけにくかった今週でしたが、それでもボチボチとお客様には来ていただけてました。ありがたいことです。
来週は猛暑日になる日が予測されてますが、どうぞお気をつけてお出かけくださいませ。


7月12日(日)

先週前半は涼しく凌ぎ易くてよかったでしたが、ここにきて急に暑くなりました。これからいよいよ冷房せずにはいられない日々が続くのでしょうか。
La Merの今週は、画廊企画による中村由美子さんの染色の作品と、岡本恵子さんのコケダマその他、岡田浩子さんの押花絵の展示となります。なかなかにぎやかです。やはり即売形式をとります。お好みのモノ見つけに来てください。


7月4日(土)

いよいよ梅雨時らしく雨降りの日が多くなってきました。それでもリニュウアルした銀座伊東屋には大勢のお客様が押し寄せていたようですよ。
来週は雨が強く降るとの情報がでましたが、La Merは今週に引き続き「うつわと絵画」を並べた企画展です。今週、雨でも比較的お客様が見えていたので、来週も期待します。


6月28日(日)

今日一日を置いて明日からは画廊企画展が始まります。先週個展をしていた松井よしひろさんの陶と江積優子さんの陶の作品。岡田浩子さんの押花絵、千葉梢さんの木版画を展示します。作品は即売形式にしますが、まずは楽しみに観にきてください。


6月21日(日)

東京地方は梅雨入りして以来あまり梅雨らしくなく、空梅雨気味なのかと思ってましたが、今日は日射しがなく、梅雨空でした。昨今は降れば大降りとなることが多いので、いつも天候が気になっています。今週はどうなのでしょうか。
明日からは松井よしひろさんの個展が始まります。明日開廊前に飾りつけします。松井さんは昨年までは個展期間中も仕事の関係で在廊することが少なかったのですが、今年はずっと居られることになりました。


6月16日(火)

参加を呼び掛けておりました“真夏のサムホール展”でしたが、明日17日をもちまして募集を締め切らせていただくことといたしました。考慮中だった方はお急ぎください。


6月13日(土)

いよいよ今週梅雨入りしました。とはいえ関東地方は今までのところたくさんは降りませんでした。九州は大変ですね。各地で床下床上浸水、土砂崩れ。胸が痛みます。それを知ったからとはいえ、我々はどうすることもできず、ただ淡々といつも通りのことをしているほかないのです。
La Merの来週は、須ケ間加代子さんの墨彩画展です。鬼ばかりでの個展が今年で10回続きました。継続は力なりとはよく言われますが、須ケ間さんにしても例外ではなく、ずいぶん洒脱な作風になってきたと感じています。
雨が降りそうもなく、お出かけのチャンスですので、10年目の鬼さんに会いに来てください。


6月6日(土)

夏のように暑い時期を経験した後にいよいよ梅雨の時期が近づいてきました。今週はまだ梅雨に突入せず、初個展だった渡邉さんにとっては幸いでした。
来週は常設展ですが、岡田浩子さんの佳作の押花絵を並べました。見応え十分です。他に郡司宏さんと神保尚江の旧作版画も並べました。常のように気楽に話し込みにいらしてください。


5月30日(土)

先刻またしても大きな地震がありました。つい先日埼玉北部を震源とする大きな地震があったばかりです。今夜のは小笠原付近が震源ですって。口永良部島は噴火するし、近くは箱根大涌谷が火山性地震が頻発しているし、地球が変動期に入ったのでしょうか。こんな時人はどうするべきなのでしょうか。せめて何事が起きても落ち着いて行動できるように心の備えを常にしておきたく思います。
今夜渡邊義郎さんの作品を飾りつけましたが、地震で落ちてしまったということはないと思います。月曜日には無事な姿を見ることができるでしょう。
とても色彩の美しい作品たちです。小さい作品ばかりですが、その小ささが楽しいです。こんな楽しい作品を観れば、心弾んでくるはずです。


5月24日(日)

このところ運よく晴天に恵まれてます。大勢の出品者の集まる今週は、雨に降られたくないのですが、どうなりますか。
出品者が多いのは松原容子さんの、油絵教室と水彩画教室の合同展だからです。土曜日の夜の搬入時はとても賑やかでした。ゆったりと間隔を取れずに飾ることになりました。しかしこうして人の絵の間に自分の絵を飾ることにより、他人の絵の良さも自分の絵の良さもわかることになり、今後絵を続けるうえで大きな励みとなり、楽しみにもなることでしょう。


5月17日(日)

夏のように日射しの強い日が続きます。先週は台風も来ました。幸い東京地方は雨風が強かったのが夜だったので、展覧会には支障がなく、助かりましたが。気象状況にいちいち脅かされながら生きてゆくのも困ったことです。何とかうまくかわしてゆくしかありません。
さて今週のLa Merは、塚本礼子さんのメゾチントの個展です。初個展です。昨夜土曜日に飾りつけ終わった直後ぬっと入ってきた中年の男性が、とても素晴らしい作品と絶賛してゆきました。


5月10日(日)

連休明けの今週は、いつもこの時期を選んで行なわれる銅版画のグループ展です。横山智子先生の銅版画教室のメンバーです。皆さんのお顔も作品もお馴染みとなり、今年はどんな作品が並ぶかと大いに楽しみにしている展覧会です。出品者のみなさんが嬉しそうで、華やいでいます。作品がそれぞれなかなかよいので、見ごたえあります。


5月2日(土)

連休の真っただ中、来週は竹中宗子さんが個展をします。グァッシュで猫を描きました。初個展なのでワクワクととても嬉しそうでした。
連休中なので、皆さん旅行に出てしまったかしら、と少し心配しています。旅に出なかった方、どうぞ猫の絵ゆっくり観に来てください。


4月26日(日)

ようやく快適な季節がやってきました。夜寒いのと雨が多いことを除けば。街は新緑に彩られ風が浅葱色です。
こんな快適な空のもと、個展は川村司さんです。キャンバスにアクリルえのぐで描いています。手渡したDMを見て、女性作家と感じる人もいますが男性です。色が美しいので間違われるのでしょう。


4月18日(土)

なんだかやっぱりお天気がはっきりしませんね。今週もしっかり雨が降りましたし、来週月曜日も雨の予想です。お天気に自分たちの生活は左右されないようにしようと気構えをしてはいますが、悪い天候が続くと滅入ってしまうのは仕方ありません。
来週はウチダミズホさんの個展です。多くの方に来ていただいて賑やかに心楽しく過ごしたいものです。


4月11日(土)

今週は雨が多く、しかも真冬のように寒い日もあり、天候的にはツイテナイ週でした。でもふくろうがたくさん並び、おかげさまで楽しい空間の中で過ごすことができました。
来週は打って変わって、木田詩子さんの木彫の個展です。木田さんはLa Merには初めてのお目見えです。どう言ったらよいのか言葉が見つかりませんが、とてもよいのです。ともかく観ていただきたいです。


4月4日(土)

東京は早くも葉桜の季節に変わり、菜種梅雨の様相です。知恵を授かり福を呼び込みたいと願いを以って開催する“ふくろう展”が来週(月)から始まります。ずいぶん小さな作品から6号大までたくさん並びました。必ずや楽しめますのでぜひおいでください。ふくろう一同お待ち申し上げております。


3月29日(日)

サクラ咲きましたね。いよいよ春本番です。この冬は寒かったというより冷たかったので、暖かい春を待ちわびていました。縮んでいた身体を伸ばして日本の春を楽しみたいです。
明日からは田島環さんの個展が始まります。透明水彩の仕事です。えのぐの濃く沁みた鋭い線が小気味いいと感じられる方が多いと思います。お花見の後でもいいですからぜひ田島作品を観にきてください。
銀座一丁目にもさくら通りがあって見ごろを迎えているはずです。


3月24日(火)

今日はまた冬のように寒かったですが、このところ各地でサクラが開花し始めたようで、待っていた春がようやくやってきました。
サクラの開花に合わせて、La Merは“真夏のサムホール展”の参加者募集を始めます。ことしの会期は、
   7月27日(月)から8月1日(土)
です。募集要項を用意いたしましたので、参加ご希望の方は受け取りにおいでください。


3月21日(土)

今日はやたらと奥野ビル見物の人が多かったです。ついでに絵を観てゆく人も多くいて、いつもこういうふうに、絵も観てくれる人が来てくれたらとても嬉しいと思いました。
来週も常設展の続きなのですが、今週の雰囲気が評判よかったので、予定していた展示替えをすることなく続けていきます。


3月15日(日)

明日から2週間は常設展です。今日飾りつけしました。春の雰囲気の作品を飾ってみました。岡本恵子さんの作った、自作のミニ鉢に入れたコケ玉も並べました。コケの濃い緑が多いに春を感じさせてくれます。
春のLa Merにぜひ訪ねてきてください。そして芸術談義でもしていってください。


3月8日(日)

早くもサクラの開花日が取りざたされる頃となりました。東京は26日と発表されました。平年並みのようです。寒い日が多くて、まだ冬ものをしまいこまないようにとアドバイスの声もありますが、そんな状況の中でも季節は確実に移ろいつつあります。
Lの明日からは増田泰子展です。小さな立体と小さめの平面作品で構成されてます。そのハイセンスな作品は必ずや皆様に楽しんでいただけるものと思います。ぜひ観に来ていただいて楽しんでいただきたいです。


2月28日(土)

タマちゃんが退場した後は7人7様の“FLASH ! ”が始まります。皆さん熱のこもった作品を出品してくださり、見ごたえある展覧会となりました。
あちらこちらから梅の開花の便りも届き、春の到来を期待させてくれてます。そういえば明日からは3月なのでした。寒さに閉ざしていた心の窓を少しばかり開いて、銀座にお出かけください。空気が幾分暖かくなっているはずです。


2月22日(日)

嵯峨英二展の会期は21日(土)で終了しましたが、諸般の事情から27日(金)まで延長することになりました。売約済みの作品は外して別作品を補充しました。たくさんのタマちゃんが飾ってありますので、ネコ好きな方どうぞ観に来てください。


2月15日(日)

佐藤秀政さんの個展もあっという間に終わってしまいました。相変わらずの寒い寒い日々でした。 今週は嵯峨英二さんの個展です。ネコのタマちゃんが登場します。飾りつけは(月)11時からいたします。13時オープンですので、ご了承ください。


2月8日(日)

今年に入って賑やかにグループ展が続きましたが、今週明日からは佐藤秀政さんの個展が始まります。
人物をモチーフにしたその作品は、毎年展示してますのでご存知の方が多いと思います。今年もたがわず人物が、しかも例年よりたくさん並びました。なかなか気分の良い空間になっています。
ご存知の方も初めての方も期待して観に来ていただきたいです。


1月31日(土)

今週は都心にも雪が降りました。今後また昨年のように大雪が降ることがあるのでしょうか。祈って避けられるものならば祈りたいです。
来週は自我像展です。16点の自我が並びました。飾り付けだけに神経を配っていたので、一点一点よく見ないでしまいました。月曜日に観る楽しみができたというものです。


1月25日(日)

一年中で一番寒いという大寒の時期に入りました。気温は10度を上回るという情報がありますが、風が冷たく体感的にはとても寒い日が続いてますね。
La MerはWater Wordが2週目に入ります。このところ17時を過ぎると客足が極端に少なくなるという現象が続いています。これも寒さのせいかと思ってはみますが、、、。

ずいぶん前から募集中でしたFLASH ! は募集を締め切りました。DM制作に取り掛かり、出展者の方々のお手元に早く届くよう心がけます。


1月17日(土)

12人展を華やかなうちに終えて次もまた4人展です。水性えのぐを使って表現する4人の女性作家の集まりです。たくさん飾りましたのでまたまた賑やかな部屋になりました。2週続きますので、途中で一部展示替えをすることがあるかもしれないという自由な展覧会にしました。
例年よりとても寒い冬ですが、熱のこもった作品を観て、心温めていただければ幸いです。


1月10日(土)

開催中のNEW YEAR SHOWは、明るく楽しいと概ね好評です。この企画は成功だったと感じています。このまま来週へと続きますので、もっとたくさんの人に見ていただけるものと思います。皆様のお出でをお待ちします。


1月7日(水)

年末年始の休廊期間を終えていよいよ明日からNEW YEAR SHOWが始まります。
今日夕方から搬入飾りつけをしました。今年は女性作家ばかりの参加になりました。男性にも声掛けはしたのですが、時期的タイミングが悪かったようです。
なかなか華やかで賑やかな部屋になりました。新年初っ端にふさわしい展示となりました。出品した人達も自分達の展示を楽しんでもらえたらと思います。


2015年 元旦

年が改まりました。おめでとうございます。
また時が矢のように過ぎ去ると感じることの無い、中身の詰まった時間を持ちたいものと思います。
壁を真っ白に塗り替えて、作家さんそれぞれの展示の場面を期待しております。
皆様、ますますよろしくおねがいいたします。


12月20日(土)

本日を以って2014年の展示を終了しました。
最終日、かなり強い雨に見舞われての終了だったのは印象に残りました。近田さんには楽しかったと言っていただけ、一年後の出展も約束してもらえました。出展者諸氏に楽しく有意義な一週間を過ごしてもらえることは私の目標とするところでもあるので、嬉しかったです。というわけで、終わりよければすべてよしです。
次週は事後処理や例年の如く壁のペンキ塗り、etc.等をします。


12月13日(土)

ここへきてさらに時間の経過が早まりました。ついこの間はなやかに5人展の飾りつけをしたと思ったのにもう次です。クリスマスのころに例年展示をしていただいている近田久美さんが今年も展示をします。ミニサイズの額縁にしつらえたドールハウスで、当然の如くカミネコが主人公でテーマはクリスマスです。ことしは本型のものが登場しました。表紙を開くと中が雪景色になっています。
家業が超多忙な中制作してきたものですからぜひとも観てあげてほしいです。


12月6日(土)

 La Merの来週は、古川勝紀氏企画による「5つのかたち」と題した5人展です。
 メンバーは、柴田菜穂さんと熊坂路得子さんが女子美出身のミュージシャン、吉武研司さんが女子美の元教授、陶芸家の古川葉子さん、そして美術家の古川勝紀さんという構成です。出品作品はそれぞれが絵と陶芸を出しています。さすがに5人展、賑やかで華やかです。そうそうミュージシャンふたりの演奏によるCDも発売します。
 真冬の寒さになってしまったので、賑やか華やかは嬉しいです。 お客様もたくさん来て、人の熱気で温かくなればありがたいです。


11月29日(土)

 来週の月曜日は12月にはいります。ゾッとしないではいられません。この一年自分には何ができたのだろうかと顧みれば、ただただ悩んできただけのような気がしてなりません。あとひと月だけでも悩むことなく明るく過ごしたいと願います。
 来週はLa Merには初お目見えの高橋香織さんの油絵展です。明るく美しい色合いの作品が並びました。自信を持ってえのぐを重ねている感じがして小気味いいです。
 銀座はすっかりキリスマス気分…、お買い物やデコレーション見物のおついでに、美しい絵画も楽しんでください。


11月22日(土)

 いよいよ寒くなりました。La Merも今週は暖房しはじめました。空気が乾燥しているので、風邪ひかないよう注意しましょう。
 来週の展示は、油絵作家の宮地和樹さんです。純粋抽象を手掛けています。昨今は油絵よりもアクリル画を描く人が増えてしまいました。アクリルをうまく使いこなす人はスゴイと思いますが、その絵具の性質上、油えのぐのほうが深い表現ができると思っている私は、宮地さんには油彩をぜひ続けてほしいと期待しています。今回は小品ですが14点飾りました。


11月15日(土)

 寒くなりましたが、La Merはまだ暖房していません。ことしはまだ温かく推移しているように感じます。
 そして来週からは星川しげ子さんの個展です。相変わらずのあったか〜いきれいな色づかいの作品です。絵から幸せがあふれてくるようです。一週間楽しく過ごせそうです。


11月9日(日)

 一段と寒さが増してきました。銀座ではクリスマスツリーを店内に飾った店舗を見かけるようになり、街路樹にもイルミネーションが施されて、夜の銀座通りを華やかに賑わせています。ちょっと早い気もしますが、クリスマスのデコレーションはきれいなので、不景気な心を温めるには効果があるかもしれません。
 今週は上野明美さんが個展をします。いろいろな色を使い始めた上野さんですが、今回の展示も美しく楽しい色彩の小品たちです。立体もあります。楽しんでいただけるものと思います。いつものようにたくさんの方に観ていただけることと期待しています。


11月1日(土)

 いよいよ11月です。ことしはあと2か月しかありません。La Merは来春の催しもののDM作成に取り掛かりました。いつも先のことばかり考えなくてはならないので、時が早く過ぎ去るようで、よい気はしません。
 3日の文化の日にかけて世間は3連休のようですが、La Merは(日)のみお休みで、3日(月)から川村司展です。川村さんはこのところ春と秋の2回作品を発表しています。今回は言わずと知れた秋バージョンですが、秋っぽいでしょうかそれとも・・・?
確認しにいらしていただけたら嬉しいです。


10月26日(日)

 朝晩めっきり寒くなって、昼間日射しがあるとはいえなんとなく初冬の空気です。暑い間、また突然寒くなるのだろうかと懸念してましたが、やっぱり秋を十分感じることなく冬が来てしまいそうです。
 芸術は天候にかかわりなくというよりヒトの心にかかわってくる、大変大切な必要なものです。それは創造する側にも享受する側にとっても同じ重さのものだと思います。そしてそれは地球上でヒトにだけ与えられた創造主からの賜物なのです。すばらしいです。今、ここ、を真の芸術にかかわって生きてゆくのはヒトにとって至上のものではないでしょうか。天候ばかり気にしてきましたが、もう少し心置きなく生きてゆきたいなあと思い直しています。
 La Merは岡田浩子さんの個展をします。いろいろなことができる人です。日本画然り、押花絵然り。今回は時計の部品のコラージュとタンポポの種を植え付けたもの、ガラスの組箱にタンポポの種を入れたもの等の出品です。実際にはどんなものなのか観てやってください。驚きの作品です。


10月19日(日)

 今日は湿度も低く気温も高からず低からず、本当に過ごしやすい秋の一日でした。キンモクセイの香りが終日漂ってました。今週は台風も襲ってこないようで、安心して過ごせそうです。
 La Merは竹内香織さんのパステル画展です。小品ばかりですが、28点飾りました。明日月曜日には数点増えるかもしれません。とてもきれいな作品達です。
 たくさんの方々に楽しんでいただきたいものと思っています。


10月11日(土)

 またしても台風がやってきます。今週の18号よりもっと大型でもっと強い勢力だとのことです。 なんとか気を付けて、我慢してやり過ごすしかありません。命を落としたり、けがをしたりしないよう極力気を使いましょう。台風本体が関東地方を通過するのは火曜日になるらしいですが、せっかくの初個展の鳥飼規世さんの2日目となります。
 鳥飼さんは銀座での初個展をワクワクしながら待ち受けていたのです。銀座デビューなので作風を絞らず、今までやってきたことのお披露目のつもりです。観た方がどれを好んでくださるかとても楽しみです。23点を飾りました。
 先週と同じことを書きますが、天候が回復したら絵を楽しみにお出かけください。


10月4日(土)

 大型で非常に強い台風18号が日本列島を狙っています。関東に近づくか上陸するのは月曜日になりそうとのことで、千葉梢さんの初日が心配です。今度こそ東京地方も免れられないような気がしています。
 千葉さんは今回は木版画を発表します。個性溢れた絵柄の多色刷りが12点も並びました。部屋が華やかになった感があります。台風が過ぎ去ったら楽しみに観にお出でください。


9月27日(土)

 来週の瀧田紀子さん、思い切り大きな作品を4点も搬入しての個展です。静岡市からのご出品です。遠いので、期間中はこちらに泊まり込みとなります。東京近辺の方はゆったりと日帰りできるのですから、どうぞ温かい心で観てやってください。
 涼しさが早くやってきたので、芸術の秋が長ければいいがと思っています。しかしまた急に冬がやってくるやもしれず、そうなる前に芸術の秋を十分堪能しようではありませんか。


9月20日(土)

 天気予測が外れて、夕方からの雨がありませんでした。助かりました。搬出搬入時には雨が降ってほしくないのですから。
 約1年半ぶりの鳥居ルリ子さんの個展が来月曜日から始まります。ポスターカラーを使って、きれいな色で、いい形を描きました。きっぱりとして気持ちがいい作品です。
 ことしは意外に早く涼しくなりました。お出かけするには嬉しい季節の到来です。パソコンの前を離れ、街に繰り出しましょう。楽しい出会いがきっとあります。


9月14日(日)

 昼間は晴れると真夏のように暑いけれど、朝晩涼しく、自分の予測より早く秋めいてきました。今日は世間様は連休の中日です。La Merには連休はありません。あすから木村法子さんの日本画の個展が始まります。
 昨夜三人の手助けを得て飾りつけを行ないました。木村さんは穏やかなやさしいひとです。その人柄が人を呼ぶのでしょう。そして部屋はステキな雰囲気になりました。始まったばかりの秋は絵を楽しむことから始めるというのもおシャレですね。


9月8日(月)

 きょうから桟敷一寿美(さじきいずみ)展、始まりました。今朝11時から飾りつけをしました。漉き紙に膠や胡粉を塗り、顔料も使って何回も塗り重ね、支持体たる紙とはまるで違った風合いのマチエールでハートの形を現しています。いつもは大きな作品を展示するのだそうですが、今回はLa Merの空間に合わせて小さな作品を飾りました。La Merの両壁いっぱいに隙間なく飾りました。棚の上にも置きました。これらの熱意のこもった労作をぜひ観てあげてください。


9月4日(木)

 9月に入り朝晩ぐっと涼しくなりました。La Merでは来年の展示企画を立てているところです。
 まず、自我像展への出品者募集を始めます。会期は、
     2015年2月2日(月)〜2月7日(土)
     サイズはF4号です
募集要項をお渡ししますので、出品ご希望の方はLa Merにお立ち寄りください。ニューフェイス歓迎です。


8月30日(土)

 さて来週からまた週替わりの展示が年末まで続きます。
 来週は初田有以さんの銅版画展です。初個展です。.ルーペを使用して観るほどのとても緻密な仕事です。5点だけ飾りました。さらりと観てしまうことのできない作品です。
 ひところよりずっと涼しくなってきましたので、美術鑑賞にぜひお出かけください。


8月23日(土)

 常設展の一週目が瞬く間に終わってしまいました。暑い日々でしたが、よくみなさん来てくださいました。期間中ほんの少し展示替えをしただけで、このまま二週目に入ります。


8月18日(月)

 夏休みを終わり、今週は常設展です。八月の庭と題して小品をいろいろ飾りました。
 一週間お休みしていたため用事を抱えて来廊する人も含めて、今日は賑やかでした。あす以降のご来廊も期待いたします。


8月9日(土)

 松井信子展を好評の裡に終わり、お盆休みを迎えます。不思議な感覚ですが、これで前半が終わり夏休み後から後半が始まるように感じられてなりません。ほんとうはとっくに後半に入っているというのに。
 それはともかくとして、上記の通りここで夏休みをいただきます。台風11号の本州襲来とともに始まる夏休みとなります。休み明けは元気に皆様にお会いしたいです。


8月2日(土)

 梅雨明けして真夏になって、暑い暑いとうだうだしていたらあっという間に8月です。そして何と暑いこと。おまけに突然の豪雨、突風。人の心に恐れや不安が呼び覚まされそうです。
 暑さに負けたくなくて“真夏のサムホール展”を企画し、皆で元気に過ごそうとしたものでしたが、出品してくださった方には暑気払いになったでしょうか。また来年も出品したいと言ってくださった方もいらしたので、少しは安心しました。
 まだまだこれからも暑さが続きますが、暑さの中来週は松井信子さんの個展です。油絵も日本画も版画までもありますが、ほとんどかパステルの作品です。穏やかで優しい作風なので癒されることと思います。画廊内は冷房が効いておりますので、涼むつもりでぜひお出かけくださいませ。


7月26日(土)

 来週はLa Merの夏恒例の“真夏のサムホール展”です。ことしは出品者22人32点が飾られました。La Merに初出品の人が多く、久しぶりの人、2、3回目の人といった構成です。数人の人にお手伝いいただき、うまい具合に飾りました。一点一点丁寧に観るのは来週のお楽しみにしてt帰ってきました。
 梅雨も明けまして、暑い日々ですが、たくさん飾られて見ごたえありますので、ぜひ楽しみにおでかけください。


7月19日(土)

 来週には関東地方の梅雨も明けそうだとの予報が出ました。また暑い暑い夏がやってきます。今日の銀座は梅雨明け前の豪雨とはならず、搬出搬入に支障はありませんでした。助かりました。
 “海の日”から始まる来週は、中島登詩子さんの個展です。小品ばかりですが、アクリル画が1点と岩絵の具画が11点飾られました。皆少女の絵柄です。一貫して少女の絵柄とはいえ、初めの個展のころとはずいぶん違ってきました。これからどうなってゆくのかも気になるところです。


7月12日(土)

 台風が去った後の昨日今日の暑さといったら・・・、ひどいものです。この夏は久しぶりのエルニーニョ現象が予測され、冷夏だと発表されてましたが、どうやらエルニーニョは消滅してしまったらしく、発表は訂正されてしまいました。また暑い暑い夏になるのでしょう。それでもLa Merは元気に展示を続けます。
 来週は半年ぶりにFLASH ! を開催します。今回は6人12点の展示です。予測よりも小さなサイズを出された方が多くて、ゆったりと飾ることになりました。どなたも暑さに閉口した人はなく、元気でした。観に来てくださる方も元気にやってきていただけるものと思います。冷たいお茶をご用意してお待ちしております。


7月5日(土)

 むしむしする梅雨のさなかですが、La Merはスカッとした美しい空間になっています。ウチダミズホさんがステキに飾りつけしてくれました。
 ウチダさんはLa Merには初登場です。ほとんどが縦長サイズなのは作画上のこだわりがあるのだと思います。会期中に訊ねてみたいと思っています。また楽しい一週間になりそうです。


6月28日(土)

 梅雨時だから仕方がないとも言っていられないようなひどい天候ですね。経験したことがないほどの局地的豪雨。屋根や植物を破壊して雪のように積もる大量の雹。唖然とするばかりです。画廊は、天候が客足に影響するので、多いに気になるところです。
 来週はきむらまいさんの日本画の個展です。何度か“真夏のサムホール展”に出品。La Merの企画展にも参加するようになって後の初めての個展です。きむらまいさんの本領の発揮された可愛くてきれいな愛すべき小品を楽しみに、観においでください。


6月21日(土)

 今日も雨無しでした。よかったです。とくに来週の松井よしひろさん、F50号を2枚担いできたので、降られなかったことは幸運でした。
 松井さんの今回は油絵とグァッシュ画と相変わらずの陶器です。色に多少の変化があるにせよ、どれを見ても一目で松井さんの絵と分かり、独特の個性を感じさせます。生業のための仕事がいそがしいなか、制作量がスゴイことに感心させられています。


6月15日(日)

 梅雨入りした途端に大雨が降り続き、水による被害があちらこちらで出てしまいました。それでも昨日今日はすっかり晴れ渡り、強い陽が照りつけてます。昨日は搬出搬入日でしたので、雨無しはありがたかったです。
 さて来週の個展は、比留間友香さんです。今回で三回目となります。パネルに色えんぴつで描いた幻想的絵画です。特徴ある画風なので、前回を覚えていてくださる方も多いです。今回もたくさんの方に観ていただきたいものです。


6月8日(日)
  雨の季節がやってきました。そしてこれもまた一年ぶりに須ケ間加代子さんの“鬼”がLa Merにやってきました。例年ともなると今年はどんな鬼 ? と楽しみに待つようになるものです。たくさん飾られましたよー。皆さん楽しみに観に来てください。鬼さんから元気をもらってください。
 参加者募集中でした“真夏のサムホール展”は、募集点数に達しましたので締め切らせていただきます。ご応募の方、ありがとうございました。


5月25日(日)

 La Merでは初のジャンルだった押花絵展でしたが、たくさんの方に楽しんでいただけました。嬉しい限りです。神保個人としては、目の驚きとともに新たな技術への知識も増えて、有意義な一週間でした。
 そして今週は藤カヲルさんの個展です。お家芸のミニミニ額入り絵画とともにたくさんの服飾品を並べました。女性向ですので、女性の方どうぞ遊びにいらしてください。

 参加募集中でした“真夏のサムホール展”は、募集点数に達しましたのでしめきらせていただきます。ご応募の方、ありがとうございました。


5月18日(日)

 朝晩は寒いけれど、昼間ひどく暑くはなく、まずまず快適な天候が少しの間続いてますね。こんな良いお天気を十分に満喫しておきましょう。いつまた突風や豪雨に襲われるやも知れず・・・。
 今週のLa Merは押花絵展です。いつぞやテレビ番組で、押し花を使って風景画を創っている人を紹介しているのを観ましたが、このたびは実物を生で観ることができるのです。La Merでは初の展覧です。四人展ですが、四人とも銚子市や神栖市と、遠方からのご出品ですので、銀座近辺の方はぜひともお出かけください。押花絵を楽しみましょう。


5月10日(土)

 大型連休も終わり世間は平常に戻り、La Merの春休みも終わりました。来週からまた夏休みまで展示が続きます。
 来週は銅版画のグループ展です。横山智子さんの銅版画教室の発表展です。ことしで5回目となります。メンバーはほんの少しの入れ替わりがあるだけなので、すでにお馴染みで、今回はどんな作品が寄せられるのか、変わったのか変わりないのかと、楽しみにしている展覧会の一つです。


4月26日(土)

 いよいよ今日から大型連休が始まりました。まずまず暖かくなったし、今まで寒くて縮んでいた心を開放するよいチャンスの到来です。
 La Meは来週再来週と2週に渡って春休みとさせていただきます。募集中のFLASH ! とSM展へのご応募は再々来週以降にお願いいたします。


4月19日(土)

 春がやってきてオバマさんもやってきます。東京は警戒警備の態勢に入ってますか、何事もなく静かで、オバマさんが、「日本の春はいいなあ」と感じてもらえる時間を過ごしていただきたいと願っています。みんなの心に恐怖や不安を呼び覚ます事件や事故はもうたくさんです。
 あの格別に寒い冬を過ごしてきて今、ようやく暖かいと感じる時を迎えました。パソコンの前を離れ、街に出て、絵を観るためにギャラリーにお寄りください。


4月13日(日)

 東京はサクラも散ってしまったというのになかなか春になったという感じがしないのは私だけでしょうか。朝晩は寒く、まだ暖房してますし、奥野ビルに至っては昼間も暖房が必要です。聞けばこの夏は冷夏だとのこと、ゆくゆくは日本の四季が失われてしまうときがくるのでしょうか。
 今週のLa Merは、川村司さんのアクリル画展です。小品ですが、色彩の美しい作品が並びました。現実に春がやってこないのなら、せめて絵からいっぱいの春を感じとりましょう。


4月8日(火)

 La Merの恒例“真夏のサムホール展”をこの夏にも開催します。このたび会期を決めました。ことしは7月28日(月)〜8月2日(土)です。募集要項を作りましたので、出品希望の方はLa Merにお寄りください。なお、会期以外は昨年と同じ条件であることを書き添えておきます。


4月5日(土)

 東京は早くも葉桜の時期を迎え、銀座一丁目の桜通りはソメイヨシノが八重桜に代わろうとしています。La Merの展示は田島環さんから折井和良さんに替わります。
 折井さんのDMはアクリル絵でしたが、実際飾られたのは油絵がほとんどでした。この冬の大雪で、アトリエに通うことが不能になったと聞き及んでましたので、油絵は無理だったのだと理解していましたが、雪解け後大いに頑張ったのだと思います。すごいことです。そしてまたしても充実した一週間になりそうで、ありがたいことに思います。


3月30日(日)

 一気に暖かさが到来し、サクラもだいぶ花開きました。と、華やいだ気分になった途端に雨風の強い日曜日となってしまいました。天候は常に荒れた状況のこの数年。今後もこの状況が続くのでしょう。個展にふさわしい季節はいつ ? と訪ねられることがありますが、昨今は天候の予測が難しく、お返事しづらくなっています。季節よりは人の生活状況や行事に合わせて考えてゆくようになるのでしょうね。
 ところで今週は田島環さんの個展です。昨夜飾りつけをしました。相変わらずスッキリとした気分の良い水彩の作品たちでした。お花見もいいですが絵画鑑賞もとてもいいものです。極寒の季節を通り越して今、和らいだ身体と心に美しい感覚を取り込みましょう。


3月22日(土)

 お天気予測は暖かくなると発表されてましたが、なかなか暖かいと感じられないまま一週間が過ぎました。冷え切った奥野ビルだけが異常に寒かったということでしょうか。しかしいよいよ明日からは暖かくなりそうです。(よかったー)
 明日は日曜日ですが、千葉冨久子水彩画展が始まります。とても素直に描かれた花の絵がたくさんたくさん並びました。千葉さんはこの会期中に90歳のお誕生日を迎えます。他に賛助出品者三名に加わっていただいて賑やかな展覧会となります。


3月15日(土)

 長い長い寒さの季節がようやく暖かい季節に入れ替わろうとしている来週は、久留島恵美さんの個展です。昨年に引き続いて第2回目展です。油絵にデッサンも加えた作品たちです。その多くがニューヨークで勉強し現地で描いてきたものです。とてもまじめで熱心に描いてますので、どうか観てあげてください。


3月8日(土)

 今週も、寒い寒いとつぶやきながら身を縮めて過ごす日々でした。お客様に「早く暖かくならないものかしら」と言ったら「暖かくなったらなったで花粉症に苦しめられるよ」という返事が返ってきました。ありがたくない時節ですね。
 東京アートフェアも始まって、寒い中ですが美術界にも多少は動きがあればよいのですが。冷え込みがずい゛ん長く続きましたから。やっぱり早く暖かくなってほしいです。


3月1日(土)

 ほんの二、三日暖かでしたが、また今日は寒さが戻ってきました。体調に影響がありますね。でももう3月ですもの、もうちょっと気力を保ち続けましょう。
 La Merは、常設展が続きます。


2月24日(月)

 La Merは今日から常設展です。作品がたくさんあるのでたまに入れ替えながら展覧するつもりです。

 La Merの公募展“FLASH !”^への参加者は依然募集中です。参加資格は「意欲のある人」ですので、この際修行中の人でも思い切って参加してみてください。普段とは違った格別の経験をすることができます。募集要項を受け取りにLa Merにお寄りくださいませ。電話での問い合わせにも応じております。                                  TEL.No : 03-5250-8108


2月22日(土)

 雪のない週末を3週間ぶりに迎えました。しかし相変わらず寒くて融雪せず、雪に閉じ込められ続けている地域があるということで、大きな災害をもたらしたこのたびの大雪でありました。吹雪く中をバスを待ち続けたその時の印象を、描きとめておきたいと思うに至りました。


2月15日(土)

 今日の搬入も先週に引き続き降り積もった雪に影響されてしまいました。夕方まで交通機関が乱れていたようです。自我像展の搬入日だったのですが、そういえば一昨年の自我像展の期間中にも雪の日があり、迷惑を蒙ったことをまざまざと思い出しました。
 明日はお休み、雪道を歩いた足の疲れを癒すことにいたしましょう。そして明後日からいよいよ自我像展が始まります。ことしは15人の自我像が並びます。お馴染みの人、ニュウフェイスもいます。例のごとく飾りつけに専念していて作品を観る余裕が無かったので、月曜日にゆっくり観ることを楽しみにしているところです。


2月9日(日)

 きょうは風もなく、明るい日射しが屋根の雪をキラキラと輝かせています。穏やかすぎて、昨晩の帰途中の吹雪は悪夢を見ていたんではなかったかと感じます。
 昨夜は帰りの電車が運転見合わせとなってしまい、別のルートを使ってようやくバスの利用できる駅にたどり着きました。そこからが大変でした。待てども待てどもバスは到着せず、降る雪と吹き荒ぶ風に舞いあがる雪とで手と足元が濡れてきて、その冷たいことと言ったら。あと4分でバスが到着しますという電光表示が出てきたとき、やっと救われた気がしました。
 展示を終えて帰られた出展者諸氏はどうだったのでしょうか。それから飾りつけを済ませて帰られた佐藤秀政さんは。
 そう、明日からは佐藤秀政さんの個展が始まります。年に一度のお目見えですが、La Merが大変楽しみにしている個展のひとつです。冬将軍は遠ざかりましたので、ぜひ絵を観におでかけください。


2月5日(水)

 現在“FLASH ! ”開催中ですが、次回“FLASH !”への参加者募集を始めました。募集要項を用意いたしましたので、次回参加を希望する方はお寄りください。
 そしてぜひ参加してください。普段描いている作品を思い切って多くの人に観ていただきましょう。それは自作を客観的に観るということであり、何某かの自信を得ることにつながり、描き続けるモチベーションを高めることにもなるはずです。


2月1日(土)

 来週は“FLASH !” です。今回は5人で催行します。油絵とアクリル画の展示となりました。お仕事や要介護者をお世話したりしながらも熱心に描いたものですので、ぜひたくさんの人に観ていただきたいです。観ていただくことで次に向かっての意欲もわいてくることだと思います。


1月27日(日)

 “ふくろう展”は3週目に入りますが、売れたり補充したりで、一週目とはずいぶん様子が変わってきました。願わくば大雨も降らず、もうちょっとは暖かい日々であることを。
 今週末はもう2月に入ります。すぐに立春、そして東京都は都知事選挙もあります。まためまぐるしくチャッチャッと時が過ぎてゆくのでしょう。できるだけ時に流されずに充実した日々を過ごしたいものです。


1月18日(土)

 来週も再来週もふくろう展を引き続き開催することになりました。今週お嫁入りの決まった作品を除いて、スペースを見渡して少しばかり展示替えをしました。また新たに描いてくる人もいるので、今週とはいくらか違った印象になるかと思います。
 相変わらず寒い日々ですが、寒さ対策をしっかりして銀座の画廊にお出かけください。


1月12日(土)

 年の初めに、福を招きたくて、大勢にフクロウを描いてもらいました。みなさんフクロウ作家でもなく動物作家でもないのですが、快く創作してくださいました。おかげさまでとても楽しい部屋になりました。描いた作家さんは描いたことにより、ご覧になった方はご覧になったことにより、幸せ感を感じることができるのではないかと、であればいいなと思っているところです。
 寒波が襲来してきてひどく寒くはありますが、福を求めて思い切って出かけてみてください。今年一年良い年であることを願いつつ。


1月5日(日)

 さていよいよ2014年の初回展があすから始まります。三浦聖子さんの初個展です。初個展とあって、ずいぶん力が入りました。DMも凝ったものを作りました。作品は細密なえんぴつ画がメインですが、水彩画も日本画もあって、なかなか濃密な空間を醸しています。
 お正月休みを過ごして、画廊の開くのを待っていてくださった方、ぜひ楽しみに足をお運びください。お待ち申し上げます。


2014年元旦

 新しい年が明けました。おめでとうございます。
 東京地方は風がやや強いながらよく晴れました。初日の出をご覧になった方がたくさんいらっしゃることと思います。新しい年はどんな年になるのか予断を許しませんが、ただあまり時流に流されずに生きてゆけたらいいと思う次第です。
 La Merは今日から16年目に入ります。今までと変わらず、La Merで展示してよかった、楽しかったと感じていただけるような画廊であるよう努めてまいります。そしてたくさんのお客様に来ていただける画廊でありたいと願っております。
 ことしもよろしくおねがいいたします。